丹沢主脈縦走 蛭ヶ岳山荘1泊

山行記録

塔ノ岳(1491m)-丹沢山(1567m)-蛭ヶ岳(1672m)

大倉登山口を起点とする1泊2日のピストンコース

コースタイム 10時間半(標準コースタイム13時間半) 24.5km アップダウン約2200m

初小屋泊!

通称バカ尾根と言われる急登に挑戦!

早朝自宅から大倉駐車場に向かいます💨 5時半過ぎに到着。

ついた時間が早かったためか大倉駐車場が開いておらず、私はもう少し坂を上がったところにある「大倉山の家」さんに停めることにしました!(500円/日) おじいさんがとっても優しく、トイレも借りられました。< https://goo.gl/maps/yDgk7QedUixYVhbX9 >

大倉登山口までは舗装路を上がって行きます!

登山道に足を踏み入れていきます!最初はそんな急坂ではありません。
バカ尾根というからには急だと思っていたので拍子抜けしながら進んでいると、だんだんと急になっていきます。

駒止茶屋までは順調でした。ここまでは良かったんです。
堀山の家を過ぎるころにはなかなかの斜度になっていました。

それから花立山荘の間がかなり長かったです。

ところで皆さんはどんな登山道を歩きやすいと思いますか?

私達は中々階段が苦手ですね。疲れてくると微妙に階段と階段の距離が一歩じゃいけないんですよね。乳酸もたまるし。。

それから途中初めて歩荷さんに出会いました!荷物も凄いんですけどペースが一定で止まらないんです!だから休憩してるといつのまにか上がって来られるんですよね。そして歩き方、道選びもテン泊など重い荷物を持つ際には参考になるなとじっくり見てしまいました笑

花立山荘過ぎたあたりから周囲がひらけてきました!日差しはもうこの時期から強いですね☀

長い長い階段を登り終え約3時間ほどして塔ノ岳に到着です!

すこーし雲がかっていて怪しい予感。。軽食のみ済ませ丹沢山に向かいます。

塔ノ岳から丹沢山までは約1時間。アップダウンを繰り返します。

4足歩行の動物に見える倒木。

丹沢に到着です!まだギリギリ富士山も見えました!!徐々に風も出始め天気が崩れそうな予感。

短めのお昼ご飯にして蛭ヶ岳に向かいました🚶

鬼ヶ岩の頭までくればいよいよあと少し!

この辺りは平坦な道もあるのできついけど何とかなる道でした!

ここは鎖場ですが持たなくても行けるくらいだと思います⛓

さあ蛭ヶ岳山荘が出てきました!今日の宿です!

ついたのが13時ごろ。丹沢からは約2時間かかりました。

初めてだということ天気の心配もあり少し早めの到着。小屋番の方にも早いね〜とは言われましたが暖かく受け入れていただきました!中にはボランティアの方もいらして和気藹々と話されてましたね!

そうそう蛭ヶ岳の頂上を拝んでいなかったのです!受付済ませて見に行きましたが残念ながらガスが上がり始め富士山は拝めず…標識だけ収めて早々に小屋に戻りました笑

着替えを済ませてもまだ夕飯までは4時間ほどありました笑 

ただ私達は結果早めにこれてよかったと思っています。他の宿泊者の方や小屋番さんとボランティアの方々と沢山山の話を出来たからです😄

皆さんと丹沢の魅力、登山の魅力を話せました!特に印象的だったのは丹沢は何度も登ってる人が多いこと!もはや丹沢しか登らないなんて人も😳

でもここで過ごしてるうちに分かってきました暖かいホーム感があり私達もああまた来たいなと思っていました!

蛭ヶ岳のファンの方が作ったという非売品の限定チロルチョコをいただきました!

小屋番さんとギターなんか弾いたりして。。笑

展望のいい日に…紅葉や雪景色の日に…またあの人たちに会って話したい…

そうこうしているうちにあっという間に夕飯の時間になってました笑

夕飯は蛭カレー🍛ご飯はお代わり自由です!何と2~3杯も食べてしまいました😋

さあご飯も食べ終わりゆっくりして8時に消灯です。
寝床につこうと思っていると、いよいよ天気がまずくなっていました笑
予報では風速28mとのことで、風と雨の音で倒壊するのではないかと思うくらい強かったです!

明日が心配な気持ちを胸に疲れきりぐっすり寝てしまいました😴

朝は5時に朝食でした!天気も午前中にかけ回復予報とのことでしたが現状出れる状況ではありませんでした笑
宿泊者みんなその場にステイ。(もちろん小屋番さんに許可はもらい)ゆっくりどうぞとのことで二度寝までしてしまいました笑

9時ごろ、まだ雨風強いですが何組か出始めました。私達も準備もして3組目に出ました!
先を不安に思う私たちに宿泊者含めた小屋の方たちは笑顔で送り出してくれました。

またもし下山したら「YAMA CAFE」に顔をだしなと。また一つコミュニティを提供してくださいました。

初めての山小屋がここで良かったと本当に思いました。そしてまた顔を出しにこようと・・・!

小屋をでたらそんな暖かい空気も一変風が強い! 風速15mくらいかな?
雨は大分小雨でしたが稜線上の階段は風が強くポールで身体をしっかり固定させながら進みました🍃

ある程度安全なところに来てからは風の強さや雨山行などの初めてな経験に冒険心というかいつの間にか楽しんでいました😆

すると急に辺りからカエルの鳴き声が!!!
10m前にカエルがしかもその先にもカエルが!!!なんとコチラを見てる!!!!!!
動物が苦手な私は固まってしまいました。すると私たちのすぐ横にとカエルが!!!!

もう私の頭の中では嫌な妄想が広がり「カエルの楽園にきてしまった」そう考えたら思わず悲鳴をあげてしまいました笑

大パニックなところに後方から追いかけてくれてた登山者の人が来てくれました!
熊が出たのかと心配したと笑顔で対処してくれました笑笑 皆さん頼もしいですね笑

塔ノ岳にある尊仏山荘までは風が強かったです。

小屋の人に尊仏山荘のパウンドケーキが美味しいから食べなと言われていたので予定通り休憩に食べました。ほっぺが落ちるほど美味しかったです😋

さあいよいよあと少しバカ尾根を降ります!

樹林帯に入り風も気にならなくなりました!雨でぬかるんでるため慎重に降ります!

ちなみにあれ以降カエルとは出会いませんでした😓

さあゴールです!

色々な思いが詰まった二日間でした。振り返っても蛭ヶ岳は見えません。また来ようと決めてその場を後にしました。

バスターミナルまでくると「YAMA CAFE」がありました☕
荷物を整理して休憩させていただきました。アイスとお汁粉を食べました🍨
カフェの人だけでなく中にいたお客さんの中にもボランティアの方がいました笑

蛭ヶ岳から帰ってきたこと無事下山できたことを報告してきました!
本当に温かい山ですね⛰

登ってる時は大変だし天気が悪かったり下山のことを考えたり・・・
でもそこでの体験は貴重なものです。
自分の身体で行かなくては得られない、貴重な時間になりますね。

お勧めの山行です。よかったら蛭ヶ岳山荘まで行ってみてください!
<http://kitatan.com/hirutop.html>

MountainFamiliar

首都圏在住。基本的に二人で登っている。これからテント泊をしまくる予定。
もりさん:若いノリで水食糧無し・スリッポン・ベンチコートで南アルプス登頂。のちに相方と出会い急速に登山にハマる。ソロ登山も行う。
相方:急速に山にハマり、現在山の話をしない日がない。好山病。

MountainFamiliarをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました